つつじのむすめ(松谷みよ子/文・丸木俊/画)

深いなぁ。
むすめは魔性になった、とはどこにも書いてないんですよね。
でも怪しさはある。
家を出るときに手に持ったもち米が到着するときにはつきたての餅になるなんて…
でもなんかのおまじないかもしれないし。
恋しさ故に人としての道を外してしまう話なんて世界にたくさんあるし、人の力を超えてしまうほどむすめはわかものが好きだったのかもしれない。
娘が恋するあまりに人を超えてしまうほどの力を発揮したとしても、わかものが疑ってしまった時点で二人の関係は破たんしているんでしょうね。
現代に置き換えれば浮気となるのでしょうか?
相手を信じられなくなったらおしまい、という意味では。

つつじのむすめ (あかね創作えほん 5)
あかね書房
松谷 みよ子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つつじのむすめ (あかね創作えほん 5) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




つつじのむすめ
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
松谷みよ子/文 丸木俊/画あかね創作えほん 5本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご


楽天市場 by つつじのむすめ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"つつじのむすめ(松谷みよ子/文・丸木俊/画)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント