ピアノはっぴょうかい(みやこしあきこ)

思ってたのとちょっと違ったけど、緊張しない(ほぐす)ことが大事なのは確かにそう。 これはちょっと予想外の緊張のほぐし方だったけど。 はっぴょうかい、好きな人は好きなんだろうけど、私はできれば避けて通りたい(笑) いや、子供の頃はそうでもなかったかも? ピアノはっぴょうかい [ みやこしあきこ ] - 楽天ブックス ピアノはっぴ…
コメント:0

続きを読むread more

生きる(谷川俊太郎/詩・岡本よしろう/絵)

詩はすでに読んだことがあるのですが、絵がまた良くて… 相乗効果。 谷川俊太郎さんの選ぶ言葉には無駄がなく、詩として洗練されており、人生を語っていても説教臭くなく。 目や頭で読むというよりは心で感じる詩…いやいやそれも違う、心にするするとしみこんで潤される。 そして繰り返すけど絵がまたよい。 絵本の醍醐味。 最後に余談。 谷…
コメント:0

続きを読むread more

銀花の蔵(遠田潤子)

物語の舞台は醤油蔵なのだけど、物語自体は醤油蔵の物語と言うよりは銀花という女性とまつわる人々の人生模様。 序章を読んだ時点でパンパンに詰まった伏線を感じてその後は時間が許す限りの一気読みでした。 家族の形に正解はないというか、家族とはみなで作り上げていくものなんだな、としみじみ。 時間を経て経験を重ねて気づく誰かの思いなど、心がい…
コメント:0

続きを読むread more

フェッセンデンの宇宙(エドモンド・ハミルトン/作・中村融/訳)

ジャンルで言うならSFなのだろうけど、SFの形を借りて人間心理を皮肉っている印象。 『フェッセンデンの宇宙』 自分の生きている世界だけがすべて、離れたところで起きていることには、その中に命とその営みがあることなんて知ったこっちゃない…そう考えてしまうのは窮屈にさせられた心のせいなのか自分の知識と力に自信がある故の傲慢なのか。コロナ禍…
コメント:0

続きを読むread more

革命前夜(須賀しのぶ)

ベルリンの壁が崩壊した頃、私のチャラくない人生の中でもややチャラかった頃の出来事であり、共に思い出して恥ずかしさが伴うのですが…私情はさておき。 読み終えたとたんに背筋がぞくっとしたと言いますか、肌が泡立つといいますか、確かにタイトルからしたらここで終わるんだろうけど、ここからも十分に登場人物それぞれに人生は続いていくのであろうし、そ…
コメント:0

続きを読むread more

平場の月(朝倉かすみ)

恋愛ものでありながら人生もの。 小中校の同級生って、大人になってから当時のことを知ると「そんな生活背景が…」と思うようなことがあったりするんですよね。 主人公たちと同世代なのでその辺りの『ああそうだったんだ』は経験として分かります。 50になっても尚、と言いますか、50だからこそといいますか、そんなあれこれが詰まった一冊だと思いま…
コメント:0

続きを読むread more

嘘と正典(小川哲)

これは…好みが分かれる読む人を選ぶ印象。 私はかなり好き。 第163回の直木賞候補作品なんだけど、直木賞つて感じではないかな、 直木賞はもっと一般受けするエンターテインメント作品でないと。 どの話も片手間には読めない印象。 『魔術師』 姉はどうなったの?筋通りの流れで行くなら…でも違う何かを見つけてるかもしれないし。息を飲ん…
コメント:0

続きを読むread more

能楽ものがたり 稚児桜(澤田瞳子)

サブタイトルに『能楽物ものがたり』とあることから 能楽がベースに描かれていうということでいいのでしょうか。 個人的に「人間は本来悪であり如何にそれをうまく隠し騙し生きてゆくかで善人になれる。尚且つ悪をむき出しにできる瞬間を待っている生き物だ」と思っているので、どれもこれ納得の展開でした。 なのでその目線からの感想を以下に。 『や…
コメント:0

続きを読むread more

第161回直木賞候補作についての個人的ランキング

第161回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 朝倉かすみ『平場の月』(平成30年/2018年12月光文社刊) https://50595192.at.webry.info/202007/article_3.html?1595400088 大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(平成31年…
コメント:0

続きを読むread more

マジカルグランマ(柚木麻子)

いまひとつ、どこへ向かって行きたいのか分かりかねる印象。 社会の理想像としての自分とそうでない自分との違和感とか、自分の理想像の自分と社会に存在している心地よい自分とのギャップとか、テーマはそんな辺りでしょうか? 全体的に欲のない者が勝る、みたいな、意外なところに自分の居場所がある、という感じがあって、自分の居場所をつくるためにカツ…
コメント:0

続きを読むread more

ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力(帚木蓬生)

早急に答えを求めない力について。 人の脳は「分かろう」とする生物としての方向性が備わっているとのこと。 以前どこかで、人間は「分からない」ことに一番恐怖を覚えるという話を読んだか聞いたかしたことがあるのですが、これはつながっているなと思いました。 早急に答えを求めてしまうと、答えに至る条件が不足だったり偏ったりしたまま答えを出して…
コメント:0

続きを読むread more

トリニティ(窪美澄)

自分が良かれと思って選んだ道の行先が安泰だなんて誰にも分からない。 それならば、茨の道と言われても行くしかないのでしょう。 人は、今やれることしかやれないのですから。 そんな考えが、勇気づけられるような、やるせなくなるような、なんとも心をざわつかせるお話でした。 終盤になるほど話が優等生的にまとまり過ぎてるようにも感じた…
コメント:0

続きを読むread more

第1回「オンデマンド・コンサートHand in hand」@おうち4/1(水)

数日前まで仕事の都合がわからなかったのですが、全部聴けると分かってチケットを購入しました。 売り切れや席種などを気にしなくてよいのはいいところですね。 【演奏会場】サントリーホール ブルーローズ 【出演者】 ・反田恭平(ピアノ) ・上野耕平(サクソフォン) ・Alessandro Beverai(クラリネット) ・…
コメント:0

続きを読むread more

熱源(川越宗一)

アイデンティティの探索が描かれている物語は好きですが、物語として描かれるだけあって熾烈でした。 滅びるもの、消えてゆくもの、失われてゆくものは、そのもの自体が劣っているのではなく、自分たちが優れていると思っている者たちによって滅ぼされたり消されたり無いものにされたりする部分が大きいのだな、と、感じました。(無論、それだけではないとも思…
コメント:0

続きを読むread more

RAVEL ラヴェル(ジャン・エシュノーズ/作・関口涼子/訳)

作曲家、モーリス・ラヴェルの晩年10年をモチーフに書かれた小説。 映像的というか、映画的な小説だと感じました。 文字を介してラヴェルが動いて話しているのがまるで見えるような。 最後の9の項は読み進めるのがとてもつらくかなしく… まるで目の前に本人がいるかのように、失ってくことの辛さが胸にダイレクトに響いてきて涙がとめどな…
コメント:0

続きを読むread more

音楽は名医 第一回セルゲイ・ラフマニノフ編@東京オペラシティコンサートホール3/2(月)

第一幕 「クラシック音楽をライブで聴くことにより脳に何が起きるのか」 近年、MRIにより、音楽が脳に与える」影響についてより深く分かるようになったとのこと。 シンセサイザーによる演奏を交えながらお話を楽しませてくださいました。 実は、脳科学が割と好きな私。 とは言っても難しい話は頭が追いつかないのですが… ですが…も…
コメント:0

続きを読むread more

牛田智大ピアノ・リサイタル@麻生市民会館大ホール2/27(木)

牛田智大さんの演奏会は、コンツェルトは聴きに伺っていましたが、リサイタルは久しぶり。 どのくらいぶりだったのか調べたら、昨年の10月にYAMAHAでの浜コン入賞者披露演奏会には伺ったものの、単独のリサイタルは昨年の3月のみなとみらい以来でした。 と言うことは、なんとほぼ1年ぶり! 端的に感想を述べてしまうなら、やっぱりリサ…
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・チャクムル ピアノ・リサイタル@HakujuHall2月4日(火)

この日の使用ピアノはベーゼンドルファー。 人生初のベーゼンドルファーの音色が聴ける、しかも一度行ってみたいと思っていたHakujuHallで。 ということでるんるん(死語)で行って来ました。 プログラムは先日みなとみらいでお聴きしたものと全く同じだったのですが、逆にそれが私にはとっても興味深くありました。 【スカルラッテ…
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・チャクムル ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらい大ホール1/31(金)

平日の昼間の大ホールでありながら座席はほぼ埋まっている状態。 私は結構ぎりぎりにチケットを取ったのですが、三階のバルコニー席でした。 演奏する姿を眺めるにはなかなかオツな位置だったのではないかと思いました(笑) 使用ピアノはShigeruKawai ライナーノーツがA4見開きいっぱいいっぱいで(つまりはA3サイズ)、末尾に …
コメント:0

続きを読むread more

定期演奏会みなとみらいシリーズ第355回@みなとみらい大ホール1月25日(土)

指揮  オッコ・カム ピアノ 牛田智大 【シベリウス/「レンミンカイネン」組曲Op.22より第2曲「トゥオネラの白鳥」】 静寂の中に、穏やかな時間の流れや、なめらかで細やかな動きを感じる曲だな、と思いました。 【ショパン/ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11】 素人耳でちょっとエラそうなこと言います。 ショパンだから?…
コメント:0

続きを読むread more