第153回直木賞候補作についての個人的ランキング

第153回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。


門井慶喜『東京帝大叡古教授』(平成27年/2015年3月小学館刊)
http://50595192.at.webry.info/201509/article_12.html
澤田瞳子『若冲』(平成27年/2015年4月文藝春秋刊)
http://50595192.at.webry.info/201511/article_1.html
西川美和『永い言い訳』(平成27年/2015年2月文藝春秋刊)
http://50595192.at.webry.info/201512/article_19.html
馳 星周『アンタッチャブル』(平成27年/2015年5月毎日新聞出版刊)
http://50595192.at.webry.info/201508/article_6.html
東山彰良『流』(平成27年/2015年5月講談社刊)
http://50595192.at.webry.info/201508/article_2.html
柚木麻子『ナイルパーチの女子会』(平成27年/2015年3月文藝春秋刊)
http://50595192.at.webry.info/201511/article_9.html

この時の受賞作は東山彰良『流』でした。

ちなみに私の順位付けは次の通り。
三作品が1位ということになってますが、今回は特別苦手な作品もなく、個人的にはどれもよみやすかったため、例えば5段階評価であるなら全部が5でもいいくらいで(笑)
でもその5をさらにABCDの四段階で考えて順位づけしてみました。

1、澤田瞳子『若冲』
1、東山彰良『流』
1、柚木麻子『ナイルパーチの女子会』
4、馳 星周『アンタッチャブル』
5、門井慶喜『東京帝大叡古教授』
5、西川美和『永い言い訳』

ちなみに、この時の【選考委員】の方々は…

(敬称略)
浅田 次郎
伊集院 静
北方 謙三
桐野 夏生
高村 薫
林 真理子
東野 圭吾
宮城谷 昌光
宮部 みゆき

"第153回直木賞候補作についての個人的ランキング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント