ほうれんそうはないています(鎌田實/文・長谷川義史/絵)

原発に反対している人はたくさんいるし、ないに越したことはないのかなとも思うけど、反対している人たちの言っていることになんだかしっくりこなくて…
でもこの本を読んだら、しっくりこない理由がなんとなく分かった気がします。
ほうれんそうは泣いています。米も牛もカレイも。
育てた人たちも泣いています。
原発に反対するのは自分たちに被害が及ぶから?
子供たちに被害が及ぶから?
そうなのかもしれないけど、なんか違う。
ほうれんそうを泣かさないために、米や牛やカレイを泣かさない環境づくりが大切なのでは?
ああうまく言えない。

ほうれんそうは ないています (ポプラ社の絵本)
ポプラ社
鎌田 實

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ほうれんそうは ないています (ポプラ社の絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ほうれんそうはないています [ 鎌田實 ]
楽天ブックス
ポプラ社の絵本 鎌田實 長谷川義史 ポプラ社発行年月:2014年03月 予約締切日:2014年03月


楽天市場 by ほうれんそうはないています [ 鎌田實 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"ほうれんそうはないています(鎌田實/文・長谷川義史/絵)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント