夜の子どもたち(芝田勝茂/著・小林敏也/画)

一言でいうなら難しかったです。
というより、読みどころが分からなかったと言ったほうが的確かも。
夜の象徴するものや、子どもたちの心にあるものなどが最後まで私には分からず…
自分の読解力がないのがお恥ずかしいです。
そんな状態で思ったことだけをつらつらと並べると…
物語の「結」の部分を読むまでは、統制された社会に無自覚に感じている疑問や戸惑いが子どもたちに他人を石に見せているのかと思ったのですが…
スーパーランドの部分は『結』と見せかけて実は『さらに小さい転』で、「遊ばされてる」という登場人物の感想から部分から子どもたちの未来があまり明るいものではないような気がしてしまいました。
でももう今の彼らなら戦える?
あと最後に一言。
自閉症が殻に閉じこもる人という意味で使われていたのが不満でした。
改訂版(もう出ているのでしょうか?)が出る時には是非改定するか注釈を入れてほしいものです。

夜の子どもたち (福音館創作童話シリーズ)
福音館書店
芝田 勝茂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜の子どもたち (福音館創作童話シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"夜の子どもたち(芝田勝茂/著・小林敏也/画)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント