スノードーム(アレックス・シアラー/著・石田文子/訳)

アレックスシアラーさんの作品の中でこれをイチオシしている方が多かったので読んでみたのですが、私にはあまりあいませんでした。
ロバートとポッピーが、なんか高慢ちきに感じてしまって。
エックマンがしたことは、他人の人生を奪い自分のものにするというとても非情なことであったのにも関わらず、かわいそうでしかたなかったです。
彼は虐げられていましたが、その要因は彼の責任ではなく…
むしろ心根は優しいと感じました。
なんかすっきりしない…
人間をキレイに描きすぎ?
登場人物が愛を支えに生きすぎてるからかな。
もしこの物語のラストが、何も知らないクリスがエックマンの作品の総てを破壊してしまい、そののちにドームのことを知る…だったら納得してたかも。
あ、私の性格が悪いだけか…
普通の人はたぶん、感動できるお話だと思います。

スノードーム
求龍堂
アレックス シアラー

ユーザレビュー:
スノー、闇途中まで昔 ...
あなたは愛する人の代 ...
原題より邦題のほうが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




スノードーム
楽天ブックス
著者:アレックス・シアラー/石田文子出版社:求龍堂サイズ:単行本ページ数:423p発行年月:2005


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



"スノードーム(アレックス・シアラー/著・石田文子/訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント