秀吉と利休(野上彌生子/著)

主となる人物は、タイトルにもあるように秀吉と利休であるので、このお二方を直接描いている部分が多いのですが、それだけでなく、共に生きた人物たちを描くことによりさらにお二方の像がくっきりと浮かび上がっています。
秀吉と、平たく言えば家族と家臣、そして利休と家族の関係。
大きく歴史を動かした人物にも、一人の人としての姿があるということあ、当然でありながら教科書からは学び得ないことなのだ、と痛感しました。
歴史の授業がつまらないけど歴史は面白い、と私が感じるのは、このような本に出会ったときです。
旧字体と旧仮名遣いで多少読みにくくはありましたが、それにも負けない面白さがつまってました。
これより前に『利休にたずねよ』を読んだのですが、利休のお茶の才能の描写に共通するものを感じました。
お茶が点てられるのを待っている、そんな才能を目の当たりにしたら、尚且つその人物が仕事上の片腕であったなら…
可愛さあまって憎さ百倍。
その憎さを最大限に行使できる立場でなければむしろ秀吉は幸せだったのかも…
などとも思いました。

秀吉と利休 (中公文庫)
中央公論社
野上 弥生子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"秀吉と利休(野上彌生子/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント