ぼくらの出航(那須田稔/著)

物語の始まりは太平洋戦争終戦の年の四月。
場所は満州のハルビン。
終戦と共に始まった小5の日本人少年ヤマザキタダシの戦いを、子供の目線から描いた作品です。
感想にするとありきたりで書いている自分の語彙の少なさに嫌気が差してきてしまうのですが、生き抜くということに明るい情熱を持っている少年たちに激しい力を感じました。
自分の意思で居るのでもなければ自分の意思で出ることの出来ない異郷の地で祖国を思う気持ちってどんなんだろう…?

ぼくらの出航
木鶏社
那須田 稔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ぼくと風子の夏—屋久島かめんこ留学記
ひくまの出版
那須田 稔

ユーザレビュー:
楽しかった 大牟田家 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

くじゃくの花火 (那須田稔のものがたり絵本)
ひくまの出版
なすだ みのる

ユーザレビュー:
くじゃくの花火、みて ...
心優しいくじゃくの物 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




那須田稔のものがたり絵本(全5冊)
楽天ブックス
著者:那須田稔出版社:ひくまの出版サイズ:絵本ページ数:5冊発行年月:2008年04月この著者の新着

楽天市場 by ウェブリブログ

"ぼくらの出航(那須田稔/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント