もっとおおきなたいほうを(二見正直/作)

春から小3の娘が、学校で読んで面白かったから図書館で借りて!と言うので借りました。
もともと『こどものとも』という雑誌の付録だったらしく、単体での出版はされていないようです。

娘は単純におもしろかったみたいですが、いろんな意味がこめられているのでは?
とも読み取れます。
張り合うことのバカらしさと後悔。
けどその後悔を後悔で終わらせないこと。
もっと深読みすると、そもそもの原因はそっちのけ、負けてたまるかという気持ちが争いごとを大きくしていくのだな、というとか。

"もっとおおきなたいほうを(二見正直/作)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント