ねこのなまえ(いとうひろし/作)

なんとなく、さらっと読んでいたのですが、こめられたメッセージを感じて最後にうるっときちゃいました。
けど、普通は泣くような絵本じゃないと思います(汗)
名前って、ただの記号のように扱われがちですが、ひとつひとつに意味や願いがこめられているんですよね。
例え、つけるときにはなんとなくつけた名前でも、呼び続けるうち、呼ばれ続けるうちに意味をもってきたり…
いつの間にか名前ってその人そのものをあらわすようになるから不思議です。

ねこのなまえ
徳間書店
いとう ひろし

ユーザレビュー:
名前について哲学でき ...
名前の由来は?「ぼく ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ねこのなまえ
楽天ブックス
著者:伊東寛出版社:徳間書店サイズ:絵本ページ数:1冊(ペ発行年月:2006年05月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ



"ねこのなまえ(いとうひろし/作)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント