魚河岸ものがたり(森田誠吾/著)

タイトルを見て、「魚河岸風景の話か?」と思いきや、魚河岸に住み人たちとそこにやってきたある人とのものがたりです。
回顧言葉。そして台風の風にあおられる町の風景。
しょっぱなから物語に引き込まれ、さらに、最初のページの中ほどにある、『ひとつの秘密に追われていた。』この一文で私はこの本に釘付けになりました。
魚河岸に住まう人々の気風のよさと、たどたどしいながらも溶け込んでいく吾妻健作。
途中、彼が何から逃げているのかにおわせる部分あり、どんでん返しありの結末。
丁寧に描かれたざっくばらんさと繊細さのバランスも絶妙で、確かな読み応えがありました。
私も前向きにおみくじを手にしてみようかな。

魚河岸ものがたり
新潮社
森田 誠吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"魚河岸ものがたり(森田誠吾/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント