優雅に叱責する自転車(エドワード・ゴーリー/作・柴田元幸/訳)

意味が分かりません。
というか、分かっちゃたらいけないような気にさせる本です。
すごーく分かりたいけど、探求するのもいけない気がします…。
ところで、訳者のあとがきにあったのですが、原題は『The Epiplectic Bicycle』というそうで、『Epiplectic』問う言葉は、英語圏の人でも知る人の少ない単語だそうです。
しかも日本語に相対する言葉がないらしく、的確に訳そうとすると『優雅に叱責する』というように単語でなくなってしまうそうです。
その国独自のもので他国語に訳せない言葉って、なんだかときめいてしまう私です。
なんだか、その国の文化とか国民性がつまってる気がするんですよね。

優雅に叱責する自転車
河出書房新社
エドワード ゴーリー

ユーザレビュー:
絵が素敵まず、やはり ...
あなたはどんな生き方 ...
自分の人生を歩んでな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




優雅に叱責する自転車
楽天ブックス
著者:エドワード・ゴーリー/柴田元幸出版社:河出書房新社サイズ:単行本ページ数:1冊(ペ発行年月:2


楽天市場 by ウェブリブログ



"優雅に叱責する自転車(エドワード・ゴーリー/作・柴田元幸/訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント