犯人に告ぐ(雫井脩介/著)

人間臭く、深みのあるストーリーでした。
読み始めてすぐに事件の展開から目が離せなくなり、一転して時間が流れて新しい事件が描かれ始めてからは、新旧の事件がどう絡んでくるのかどうかでワクワクし、読み終えてみれば、一番重点を置いて描かれているのは事件や解決のプロセスではなく、巻島史彦の仕事人としての生きる姿なのだと感嘆しました。
けど、こんな風に事件を背負って生きるのだとしたら、刑事って並大抵な神経じゃできませんね。
けど、そのくらいの覚悟で事件と向き合って欲しいと思うのは、無理無謀な考えなのでしょうか?

一番胸に残った台詞は…
「痛そうじゃないから痛くないんだろうと思ったら大間違いだ…それは単にその人が我慢しているだけですからな」
昨今、これを知らない人が大小を問わず事件を起こしていると思う…。

"犯人に告ぐ(雫井脩介/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント