飛ぶ教室 (ケストナー少年文学全集 (4))(エーリヒ・ケストナー・著/高橋健二・訳)

『授業が現地検証になる』
というフレーズが出てきますが、人生って現地検証学習の積み重ねなんじゃないかな。
授業だけでは学べないことを寮生活の中で学んでいく子供たちの姿がとてもよく描かれています。
子供たちの人生と言う教室はまだあちこちを飛び続けることでしょう。
少年たちの行く末に幸多かれ!

"飛ぶ教室 (ケストナー少年文学全集 (4))(エーリヒ・ケストナー・著/高橋健二・訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント