わたしとあそんで(マリー・ホール・エッツ・文/絵・よだじゅんいち・訳)

穏やかな絵本です。
色使いもストーリーも優しく、にぎやかにがやがやするだけが『遊ぶ』じゃないんだなあ、と思いました。
一緒にいて楽しい、それだけでいいですね。
みんな幸せそうに微笑んでいるラストのページが特にいいです。

"わたしとあそんで(マリー・ホール・エッツ・文/絵・よだじゅんいち・訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント