号泣する準備はできていた(江國香織・著)

江國さんの作品、何冊か文庫で持っていますが、どちらかというと苦手な方です。
この本に関して言うと、登場する主婦がみんなマダムな感じで貧乏主婦の私にはリアリティが感じられず鼻白んでしまいました。
主婦が出てこない話はすんなり入り込めましたが。
独特の世界観を描き出す方なので、好き嫌いがはっきりわかれる作家さんだと思います。
前述したように私は苦手なのですが、時々「読もうかな」と思わせる麻薬的なものを文章に感じますし、そこが魅力なのかな?

"号泣する準備はできていた(江國香織・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント