ビタミンF(重松清・著)

いつの頃からか、ドラマや本を読んでいると、ついつい「これは泣かせようとしているな」という空気を読んでしまうようになった。(結局はしっかり泣くのですが)
けど、この中のお話の一つ「なぎさホテルにて」には不意打ちを食らわされました。
何に泣かされてるのかわからないまま泣いてしまいました。
子供の年齢が同じくらいだからかな?それともあの本の中の夫婦たちがとてもリアリティを持っていたから?未だに謎です。
「セッちゃん」は胸が痛かった…私も中学時代いじめにあったし、親にも先生にも言えなかったから。
親にも先生にもどうすることも出来ないのは事実だし分かるけど、テーマもそこにないのは分かるけど…なんとかして欲しかったなあ…とちょっと後味が悪かったです。
全体的に、身近な空気が読みやすくもあり、怖くもありました。
軽い家族内サスペンス?(苦笑)

"ビタミンF(重松清・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント