少年と犬(馳星周)

ほどよい絶望感と温かさに馳星周さんっぽさを個人的に感じました。 『男と犬』 一冊を通して登場する犬とその時代背景、そして最後までつながる犬が南を目指していること(理由は不明)も描かれている。 『泥棒と犬』 前の話に登場した人物が件の犬を連れているところから始まる。言葉は通じずも心が通じている様子が続き、このこともあとから読み直す…
コメント:0

続きを読むread more