クララ・シューマン 音楽家の伝記 はじめに読む1冊(萩谷由喜子)

帯に『10歳から読めるクラシック音楽入門書』とあり、大人になってからピアノにハマった私にもとっつきやすいと思い手に取りましたが、思っていたよりもかなりしっかりとした内容で読み応えがありました。
クララとロベルト、その残された功績から考えると出会うべくして出会った音楽家同士だと思うのですが、人としてはそうとも言い切れないものが本書から多く読み取れました。
読後はしばらく、悲しみや愛や苦悩や葛藤や充足感や切なさで心をもみくちゃにされた脱力感に包まれました。
著者の力みが加えられておらず、クララ・シューマンと彼女をめぐる人々を客観的に知ることができるとても良い一冊だと思いました。
音楽家の伝記 はじめに読む1冊 クララ・シューマン【書籍】 - ヤマハミュージックメディア楽譜
音楽家の伝記 はじめに読む1冊 クララ・シューマン【書籍】 - ヤマハミュージックメディア楽譜音楽家の伝記 はじめに読む1冊 クララ・シューマン
音楽家の伝記 はじめに読む1冊 クララ・シューマン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント