エリカ 奇跡のいのち(ルース・バンダー・ジー/文・ロベルト・インノチェンティ/絵・柳田邦夫/訳)

読書を趣味としていると、戦争を扱った物語によく出会う。
ナチスが出てくる物語も少なくない。
なので、ユダヤ人大量殺戮については、大きな局面から捉えた物語を読む機会は割とある。
そんな中、この絵本は奇跡的に助かったある女性の人生をコンパクトにまとめた物語である。
コンパクトではあるが、生き延びた女性が自分の命が助かったことへの思い、その後の苦悩などがひしひしと伝わってくる。
たくさんの星、だけどひとつひとつはかけかえのない命。
いつの時代も、これからも。
戦争は、あってはならない。


エリカ奇跡のいのち [ ルース・バンダー・ジー ]
楽天ブックス
ルース・バンダー・ジー ロベルト・インノチェンティ 講談社エリカ キセキ ノ イノチ バンダー・ジー


楽天市場




エリカ 奇跡のいのち
講談社
ルース・バンダー ジー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『る』から始まる作家さん

    Excerpt: ルイーズ・ファティオ  クリスマスの森(ロジャー・デュボアザン)  http://50595192.at.webry.info/201602/article_13.html ルイス・キャロル .. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2018-09-17 10:42