おとうさんとぼく2(e.o.プラウエン/作)

お金持ちになったり漂流したりと、1からするとイレギュラーバージョン?
シチュエーションがかわっても微笑ましさは変わらず。
親子の間に存在する微笑ましさって不変なんだなあ。

おとうさんとぼく (2) (岩波少年文庫 (2109))
岩波書店
E.O.プラウエン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おとうさんとぼく (2) (岩波少年文庫 (2109)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E・H・ミナリック  こぐまのくまくん(モーリス・センダック)  http://50595192.at.webry.info/201512/article_17.html  かえってきたおとうさ.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2018-07-31 10:23