MR.RABBIT and the LOVELY PREZENT(CHARLOTTE ZOLOTOW

大人絵本会のお題本になり先に翻訳版を図書館で借りて読んだところ、参加者の方に原書の方が色がいいと伺いこちらも手に取ってみました。
確かに原書の色使いの方が趣があります。
翻訳本の色がやけにキツイというかメリハリつきすぎてるのは何故?
大人絵本会にて印刷技術によるものだというお話もありましたが、実際のところはどうなんでしょうか?
物語に関する感想は翻訳版の方に書いたので、こっちにはそれを受けての感想を追記する感じで。
原文でもMr.Rabbitのキャラはそのままでした(笑)
ボケるは一人ボケツッコミはするわ、でもそこはかとなくダンディで…いい男っぽいですよね。
あと、日本語だと関西弁が似合いそう、って思ったのですが、原文だともうちょっと(嫌味のない)キザっぽさが感じられました。

Mr Rabbit And The Lovely Present
Red Fox
Charlotte Zolotow

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mr Rabbit And The Lovely Present の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




MR.RABBIT AND THE LOVELY PRESENT(P) [ MAURICE/ZOLOTOW SENDAK, CHALOTTE ]
楽天ブックス
MAURICE/ZOLOTOW SENDAK, CHALOTTE HARPER TROPHY (US


楽天市場 by MR.RABBIT AND THE LOVELY PRESENT(P) [ MAURICE/ZOLOTOW SENDAK, CHALOTTE ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『し』から始まる作家さん

    Excerpt: シーナ・アイエンガー  選択の科学(櫻井祐子/訳)  http://50595192.at.webry.info/201205/article_6.html 椎名誠  なつのしっぽ  htt.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2018-05-14 13:36