また、桜の国で(須賀しのぶ)

自分が何者であるのか、何のために生きているのか。どんな時代に生きていても人が一生に一度くらいはぶち当たる壁であると思う。
ただ、要因は色々あれどその壁にずっと囲まれたまま生きている人というのも少なからずいて…
アイデンティティが不確かであるということはとても不安であると思うし、自分の行動を決定する礎が、ある意味他の人より強固であるとも言えるし盤石であるとも言え、戦時下に於いて国の看板を背負って行動しなければならないとなったらそれはかなりのプレッシャーを産み迷いもあったのではないでしょうか。
この小説にはそれが密に描かれていると思いました。
そして、ポーランドという国を知らな過ぎた自分を恥じました。
自分の国を奪われ続けるというのはいかに想像しようとしてもできない世界だと思いました。
登場人物たちの思いや行動を振り返り、読了後にこんなに胸が痛んだ小説は初めてかもしれません。

また、桜の国で
祥伝社
須賀 しのぶ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by また、桜の国で の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




また、桜の国で [ 須賀しのぶ ]
楽天ブックス
須賀しのぶ 祥伝社第156回直木賞BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2


楽天市場 by また、桜の国で [ 須賀しのぶ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『す』から始まる作家さん

    Excerpt: スーザン・バーレイ  わすれられないおくりもの  http://50595192.at.webry.info/201306/article_18.html スーザン・マリー・スワンソン(ベス・ク.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-04-16 16:11
  • 第156回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第156回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 冲方 丁『十二人の死にたい子どもたち』(平成28年/2016年10月・文藝春秋刊) http://5059.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-09-27 14:53