ブレーメンのおんがくたい―グリム童話(ハンス・フィッシャー/え・せたていじ/やく)

こういった昔からある童話は、今どきの絵柄ではなく、やっぱりシンプルな絵柄で読むに限るなあ、と思います。
お話は、わりと正確に覚えていた気がします。
子供の頃に読んだ時はとくに感慨とかなかったのですが、年を取った今読むと結構ずっしりくるところがありますね。
介護関係の仕事をしているせいか、なんともいえない気持ちになりました。
歳をとったから役立たずはいらない、とか、みんなで共同生活をするようになる、とか。
昔はハッピーエンドのお話と思っていたけれど、どうなんだろう。
なかよく暮らしていくのかな。だといいな。

ブレーメンのおんがくたい [ ヤーコプ・グリム ]
楽天ブックス
グリム童話 世界傑作絵本シリーズ ヤーコプ・グリム ヴィルヘルム・グリム 福音館書店BKSCPN_【


楽天市場 by ブレーメンのおんがくたい [ ヤーコプ・グリム ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 童話・民話・昔話

    Excerpt: アイヌの昔話  ケマコシネカムイ  http://50595192.at.webry.info/201006/article_6.html  パナンペのはなし(アイヌ民話がもとになっている) .. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2016-09-17 12:11