神様のカルテ0(夏川草介)

タイトルのゼロからも分かるように神様のカルテシリーズ(3まで既刊)以前の物語。
『有明』
医師国家試験受験前の夏の話。
1から3までの登場人物の過去が分かります。
こっちを先に読んでもシリーズを先に読んでもそれなりの面白さはあると思いますが、私は後からなので知り合いの過去を聞く感じで楽しみました。
『彼岸過ぎまで』
病院の規模こそは違えどお国から言われていることは同じ、経営が大変なのも同じ、地域医療っていうのも同じ。
ということで、自分の職場を思わずにはいられませんでした。
自分が実際に働くまで、病院の事務長の立場ってものがどんなもんだか知らなかったのですが、知った今となっては「うーん」と唸らされる部分あり、といった感じでした。
『神様のカルテ』
本当にそれ!人の運命なんて神様のカルテに書かれてるんだよ、って日々思ってます。
本当ね、医療現場の人間ができることなんて生きてる間をどう過ごさせるかってことだと思うんです。
でもお国はその人の人生をその人らしく全うさせることができないように政策をかえてくるんですよ!
私なんて医療の中でも介護よりだから尚更そう思うのかもしれませんが。
患者さんたちの急変や回復などがすごくリアルで読んでて胸が切なくなりました。
『冬山記』
栗原先生とハルさんとなれそめの話かと思って読んだのでやや肩透かし。
山に登ることと人生って重なるものがあるんだろうなあ、って思いますね。
生きるって大変だ。

とっても気に入ったセリフがあったので長いので感想と段落をかえて追記。書き写しなのである意味ネタバレになります。
「ヒトは、一生のうちで一個の人生しか生きられない。しかし本は、また別の人生があることを我々に教えてくれる。たくさんの小説を読めばたくさんの人生を体験できる。そうするとたくさんの人の気持ちもわかるようになる。困っている人の話、怒っている人の話、悲しんでいる人の話、喜んでいる人の話、そういう話をいっぱい読む。すると、少しずつだが、そういう人々の気持ちがわかるようになる」
「わかると良いことがあるのですか?」
「優しい人間になれる」
「しかし今の世の中、優しいことが良いことばかりではないように思います」
「それは、優しいということと、弱いということを混同しているからです。優しさは弱さではない。相手が何を考えているのか、考える力を『優しさ』というのです。優しさというのはね、想像力のことですよ」
そしてその流れで、「優しい人は、苦労します」と続くのだけど、苦労しても優しくいられるのが強い人なんだなと私は思います。

神様のカルテ0
小学館
夏川 草介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のカルテ0 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




神様のカルテ(0) [ 夏川草介 ]
楽天ブックス
夏川草介 小学館発行年月:2015年02月24日 ページ数:223p サイズ:単行本 ISBN:97


楽天市場 by 神様のカルテ(0) [ 夏川草介 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『な』から始まる作家さん

    Excerpt: 永井智哉  地球がもし100cmの球だったら  http://50595192.at.webry.info/200911/article_15.html 長井るり子  二時間だけの魔女(二時間.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-12-19 13:33