背筋を伸ばして歩く

私は背筋を伸ばして歩く。
しかも歩くのが速い。

別に自分に自信があるわけでもなんでもないのだけど、その様が堂々としているように見えるんでしょうね。
わりかし〝見られる〟ことが多いですが、風貌自体は人目をひくそれではないのでチラ見で終わりです(笑)

ところで、子供のことから姿勢がよかったわけではありません。
レントゲン上の話をすれば、軽度の脊椎湾曲症です。

中学生の頃、常々姿勢が悪いとは言われてたんです。
当時通っていた塾が個人で、塾長も副塾長(奥さん)も礼儀作法や姿勢にうるさかったので再三注意をされた記憶があります。
でも直そうと思わなかったんですよね。
姿勢の大事さなんて知ったこっちゃなかったしどうでもよかった。

ところがある日、どこに行った時だったか何の時だったか、ふと自分の全身を見る姿があったんですよね。

見ようと思って見たんじゃなくて、どこか通りすがりに何かに映ったんです、自分の姿が。
その姿を見て『自分だ』と認識するより先に、
「なにこれ?アウストラトピテクス?クロマニヨン人?はたまたネアンデルタール人か?」(順不同)
って思っちゃったんですよ。

もっと端的に言うと、おおよそ人類とは思えない立ち姿だったんですよね。

確かに顔かたちは美形じゃないですよ。
でもまさか、自分の立ち姿が人間ですらなかったなんて思ってもみなかったのでかなりの衝撃でした。
がさつで大雑把な女子だったとはいえ、一応思春期でしたしね。

で、思ったんです。
せめて姿勢だけは人間であろうと。

その時から、姿勢には気をつけるようになりました。
疲れたりするとだらしなくなるときはありますが、そんな自分に気づいたら「いかんいかん」と思うようにして直すように意識しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エッセイと言う名の雑記

    Excerpt: ぼやきエッセイ始めました http://50595192.at.webry.info/201506/article_2.html 私の人生の楽しみ『大人絵本会』 http://50595192... Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-11-27 11:59