こんな教科書あり?―国語と社会科の教科書を読む(谷川俊太郎・斎藤次郎・佐藤学)

国語の教科書は、もらったその日に通し読みするタイプでした。
お話も論文チックなものもみんな読んだし、教科書に載っている文章で嫌いと思ったものは一つもなかったと記憶しています。
読めるってことが楽しかったんですね、きっと。
でも授業が始まると途端にイライラすることが多くなるんです。
「は?その考え方って物語を楽しむのに必要?」「え?私はそう思わなかったけどそれが正答?」ってな感じに。
その理由は分かった気がします。
教科書って物語や文章に親しむためにあるんじゃないんです。
私はただ楽しくて読むってことを最初にしちゃうから、授業が面白くないを通り越してイライラするものだったんだな、と思い至りました。
社会は、これはね、ただの暗記ゲームでしょ。
史実に基づいて語り合うとかしないし、ただひたすら暗記。
これが苦手だった。
小6の時、教育委員会の人が来て実験授業みたいなのをやったんだけど、あれはおもしろかった。
史実について掘り下げて感想とか思いを言わせるのね。
あの授業が、私が社会科で褒められた最初で最後。
おまけにその授業でやったことは今でもおおよそ覚えてる。
この本を読んで、授業って一方通行だけど、それって先生の教え方の問題だけじゃなくて、教科書がそういうふうにできてるんだなあ、って思いました。





【中古】こんな教科書あり??国語と社会科の教科書を読む (今ここに生きる子ども) 【全国一律送料200円】
ジェット書店
中古品につきヤケ等の多少の使用感がある場合がございます。※全国一律送料200円(日本郵便ゆうメール)


楽天市場 by 【中古】こんな教科書あり??国語と社会科の教科書を読む (今ここに生きる子ども) 【全国一律送料200円】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』から始まる作家さん

    Excerpt: サイエンティフィック・アメリカン編集部  そうだ!科学の先生に聞いてみよう―大人がグッとつまる子どもの質問90  http://50595192.at.webry.info/201002/arti.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-08-04 13:47
  • 谷川俊太郎の作品

    Excerpt: 谷川俊太郎  わたし  http://50595192.at.webry.info/200703/article_109.html  あな  http://50595192.at.webry... Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-08-04 13:48