図書館に児童室ができた日―アン・キャロル・ムーアのものがたり(J・ピンボロー/文・D・アトウェル/絵

素晴らしい。
自分の考えを持ち、信念をもって行動するって素晴らしい。
絵本を見ると、着々と成し遂げているようにみえるけれど、端折られた部分に色々なことがあって色々なこと考えたんだろうな。
二人の姪の世話をしていた期間、アンは何を考えていたのだろう。
子供の本を普及させるためにアンはどんな苦労を乗り越えてきたんだろう。
きっと嫌な目にあったこともあるんでしょうね。
読みたいだけ本が読めるって素晴らしいことなんだなあ。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『し』から始まる作家さん

    Excerpt: シーナ・アイエンガー  選択の科学(櫻井祐子/訳)  http://50595192.at.webry.info/201205/article_6.html 椎名誠  なつのしっぽ  htt.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2014-05-11 14:32