深重の海(津本陽/著)

タイトルが秀逸だと思いました。
クジラと戦う海の深さと重さが最初から最後までびっちりとつまっていて、ひたすら深く重たいです。
日本の捕鯨についてとやかく言われている昨今ですが、そもそもクジラを乱獲したのは違う国の人だったのですね。
確かに当時の日本は文明的に明らかに世界に立ち遅れていました。
まさか鯨方のあずかり知らぬところで人為的にクジラの数が減らされていたとは…
純粋に自然との闘いと思い挑んでいたことが分かった後はやりきれなさ、それでもクジラをとることに対する情熱を捨てなかった孫才次の気持ちには執念を感じました。
孫才次のクジラに対する思いの深さと重さがラストで改めて明らかになります。
そして迎えるいたずらな終焉。
その瞬間に、死を恐れなくなった孫才次が死にたくないと感じるまもなく訪れたその瞬間に、さらなる深さと重さを感じさせられました。

深重の海 (新潮文庫)
新潮社
津本 陽

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 深重の海 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




深重の海 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1978年備考:ヤケ状態:CB6サイズ参考画像はありません


楽天市場 by 深重の海 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『つ』から始まる作家さん

    Excerpt: つかこうへい  蒲田行進曲  http://50595192.at.webry.info/200909/article_22.html 司修  おとうさんだいすき  http://50595.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-03-09 17:49
  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-03-09 17:52