こども電車(岡田潤/作)

面白くはあったかな。
途中までだけど。
クラスがまとまっていく様子が段階を踏んで書かれているのには好感を持ちました。
でも…玲奈の下りが一昔前の少女漫画設定で失笑しました。
高学年になっても乗ろうと思えば乗れるこども電車、という設定は面白いと思いました。
小学校高学年の頃って、子供の自我の中に大人が割り込んでくる時期なので、なんだか微笑ましくもありました。
その分、後半の陳腐さが際立ってしまい残念でした。
これが病気じゃなくて自殺だったら携帯小説とさえ思ったかも…
ごめんなさい。

こども電車
金の星社
岡田 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by こども電車 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




こども電車
楽天ブックス
岡田潤 金の星社発行年月:2010年12月 ページ数:236p サイズ:全集・双書 ISBN:978


楽天市場 by こども電車 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html おいかわけんじ  スパゲッティになりたい(たけうちまゆ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-08-01 21:00
  • 読書感想文コンクールの課題図書(小学校編)第48回~第56回

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-08-01 21:01