ぼくとおおはしくん(くせさなえ/作)

なつかしいような、うらやましいような、複雑でいい気分になりました。
今はこんな風に仲良くなる子供って少ないのかなあ?
自分が子供の頃やうちの近所だとまだまだ少なからず近い光景は見られます。
同級生同士の間に育つ関係とはまた違った、上の子が下の子に知恵を貸したり優しさを教えたりする関係っていいですね。
きっと、よしだゆうとくんもおおはしけんたくんのようなお兄さんになって年下の子と遊ぶようになるんじゃないかなあ。
泳ぐ亀を見る二人も気持ちが伝わってきて、そのやりとりにじんとしました。

ぼくと おおはしくん (講談社の創作絵本)
講談社
くせ さなえ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくと おおはしくん (講談社の創作絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ぼくとおおはしくん
楽天ブックス
講談社の創作絵本 くせさなえ 講談社発行年月:2011年04月 ページ数:1冊(ペ サイズ:絵本 I


楽天市場 by ぼくとおおはしくん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『く』から始まる作家さん

    Excerpt: 草場一壽  いのちのまつり「ヌチヌグスージ」  http://50595192.at.webry.info/200808/article_21.html くすのきしげのり  おこだでませんよう.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-08-26 18:15