砂漠の悪魔(近藤史恵/著)

鬱陶しい友達…誰にでもあるのかな…序盤で感情移入してしまったので、ずっしりとした気持ちになりつつも先がやめられなくなりました。
二度目に中国にわたってからの後の話は壮大すぎて、終焉はどこに落ちるのだろうと不思議に思う部分もありましたが、ラスト近くの雅之のセリフにはうるっときました。
「おまえはそんなことをするべきじゃなかった。だが、そいつだって、そんなことで死ぬべきじゃなかったんだ。大事に思ってくれる家族がいるならなおさらだ」
ラスト、死を持って裏切り者を制裁しようとした夏樹とは対照的に、死の影に囚われたからこそ生きる力を得た公太の姿には印象的でした。
生きることに絶望してはいけない。
確かに人一人の力は弱く小さいし、今日の正が明日は負になっているかもしれない。
が、それと同時に、今日の負を明日の正に変える力がゼロだとも言い切れないと感じました。

砂漠の悪魔
講談社
近藤 史恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 砂漠の悪魔 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




砂漠の悪魔
楽天ブックス
近藤史恵講談社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年09月登録情報サイズ:単行本ページ数


楽天市場 by 砂漠の悪魔 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『こ』から始まる作家さん

    Excerpt: 小池真理子  恋  http://50595192.at.webry.info/200703/article_57.html こいでたん  とんとん とめてくださいな  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-01-06 18:03