ほかならぬ人へ(白石一文/著)

『ほかならぬ人へ』『かけがえのない人へ』の二作品が収められています。
私は、『ほかならぬ人へ』の方が断然好きです。
『かけがえのない人へ』は退屈でした。
なので感想は『ほかならぬ人へ』にしぼります。
自分に価値を感じられない明生にいたく共感しました。
この話、自分が一番な人には伝わらないだろうな。
いつも何かに諦めちゃってる感じに胸がきゅっとなりました。
そんな明生の「人間はたとえ人のために死んでも、自分のために死んではいけないって」という言葉に涙がほろり。
癌で死ぬ、とか、病気をアイテムに使ってる小説ってあんまり好きじゃないのですが、ラストの喪失感は見事でした。
東海さんの不在に私も切なくなりました。

ほかならぬ人へ
祥伝社
白石一文

ユーザレビュー:
まあまあ 前作『この ...
やはり直木賞受賞効果 ...
本当の愛とは・・・素 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




ほかならぬ人へ
楽天ブックス
白石一文祥伝社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年11月登録情報サイズ:単行本ページ数


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック