モダンタイムス(伊坂幸太郎/著)

理解しないといけない部分があまりにも多すぎると感じました。
それはもう、読者をふるいにかけてるか?との印象すら受ける程。
冒頭の佳代子の鮮烈なキャラから、彼女がキーパーソンなのか?と思いきや、最後まで読んでみるとそうでもなく、ただ単に物語に収拾をつけるための設定だったみたいでがっかりしました。
全体を通しての言いたいことは理解はできました。
気楽にサクサク読める小説でもないな、というのも分かりました。
システムの一部なんだ、とか、それでも自分のやってることは把握すべき、とか、大きいものは変えられないけど変えられる目先の小さなものは変えるべき、などなど。
ゴールデンスランバーと兄弟作、とあとがきにありましたが、情報操作?という共通項はあったように思います。
ですが、読み応えという点ではゴールデンスランバーの方が遥かにあるし、読後感も良かったです。
この作品は、始終すっきりすることはなく、読後に後味の悪ささえ残りませんでした。
いっそのこと最悪の読後感があったら良かったのに。

モダンタイムス (Morning NOVELS)
講談社
伊坂 幸太郎

ユーザレビュー:
軽快さに欠ける「そう ...
変化球星一つ足りない ...
どうなの?それなりに ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E=ジャック=キーツ  ピーターのいす  http://50595192.at.webry.info/200711/article_16.html 五十嵐秀男  ガイコツなんかこわくない  .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-10-16 22:12