夢をかなえるゾウ(水野敬也/著)

読み物として面白かったです。
これよんで、実行するのOK、しないのもOKなわけですね。
大阪弁のインドの神様っていうのは意外といいもんですね。
たぶん、標準語だと説教くさくて面白味に欠けちゃいますもんね。
ゾウの御姿をしてるというのも、日本人になじんだ動物であり故に親しみがもちやすく、神様然とした印象を与えられないので気軽に読めます。
かなり満足度高いですが、最後に自分がガネーシャに「おおきに」って言わなかったとこが残念(笑)

夢をかなえるゾウ
飛鳥新社
水野敬也

ユーザレビュー:
ノリつっこみの面白さ ...
気楽に読むのがベスト ...
内容もさることながら ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




夢をかなえるゾウ
楽天ブックス
著者:水野敬也出版社:飛鳥新社サイズ:単行本ページ数:357p発行年月:2007年08月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『み』から始まる作家さん

    Excerpt: 三浦しをん  ロマンス小説の七日間  http://50595192.at.webry.info/200703/article_50.html  まほろ駅前多田便利軒  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-07-23 19:20