悼む人(天童荒太/著)

同じ回に直木賞を受賞した『利休にたずねよ』がとってもよかったし、世評もよかったのでかなり期待して読んだのですが…
あんまり面白くなかったです。
メインキャラの静人、薪野のエゴ全開の振る舞いだけでもかなり不愉快だったのですが、死に瀕してさくっと善人になる薪野が痛すぎる。
中でも一番私が受け付けられなかったのはストーリーの主軸となる静人の悼み。
この世の死者全員を悼めるわけないし、事故死、殺人の被害者も同じように悼ませていただきます、なんていってるけど、新聞に載らないような病死や老衰はスルーなんだからちゃんちゃらおかしい。
部分部分ではうるっと涙を誘う場面もあるのですが、ラストもなんかありきたりだったし。
母が死んだことを知らずにふらっと静人が帰ってきて、そのことにしっかり対峙するところが見たかったと思います。
そこまで描いて『悼む人』なのではないかと。
なんかすごく中途半端な作品だと思いました。
ちなみに私は静人に悼まれたくないです。
たまたま見聞きした適当なパーツを組み合わせて、あなたは愛されてました、感謝されてましたなんて赤の他人に言って欲しくないので。

悼む人
文藝春秋
天童 荒太

ユーザレビュー:
とても良い作品だと思 ...
悼む(いたむ) 人の ...
この本について家族み ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




悼む人
楽天ブックス
著者:天童荒太出版社:文藝春秋サイズ:単行本ページ数:450p発行年月:2008年11月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『て』から始まる作家さん

    Excerpt: ディートロフ・ライヒエ  フレディ―世界でいちばんかしこいハムスター  http://50595192.at.webry.info/200810/article_2.html  フレディ2―世界.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-06-19 15:42
  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-06-19 15:44
  • 第140回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第140回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-08-17 23:24