モモちゃんとアカネちゃん(松谷みよ子/作)

知ってはいましたが、ヘビーでした。
つらいお話がきちんと、子供にも分かるように書かれています。
理解度には差があるので、ありのままの理解はされないと思いますが、世の中にはつらいこと悲しいこともあれば、自分は知らないことやありのまま理解できないこともたくさんあり、尚且つ理解しきれないままそれらを受け入れなければならない現実があるということが描かれています。
子供向けのお話には、キラキラ輝くファンタジーや、心温まるお話が多い中、異色の作品だと言えるのかも知れません。
死神のくだりはとても怖いですが、お父さんとの別れは死神を断ち切るためのお母さんの決断であるとつながることによって母の強さが伝わってきますし、森の木のくだりでは、お父さんを責めずにその個性を認めるような流れになっています。
この世に不幸があるとしても、それは誰かが原因なんじゃない。
なにかが違っちゃっただけ。
悲しさと優しさと強さ、たくさんの心がつまった一冊だと思います。

モモちゃんとアカネちゃん (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 3)
講談社
松谷 みよ子

ユーザレビュー:
男性にとってはとても ...
「モモちゃんは、とっ ...
大人になって読み返し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




モモちゃんとアカネちゃん
楽天ブックス
児童文学創作シリーズ 著者:松谷みよ子/菊池貞雄出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:189p発行年


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』から始まる作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マーガ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-05-15 10:23
  • 松谷みよ子の作品

    Excerpt: 松谷みよ子  オバケちゃんといそがしおばさん  http://50595192.at.webry.info/200703/article_60.html  オバケちゃん  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 23:39