ルラルさんのほんだな(いとうひろし/さく)

なんて愉快な本なんでしょう。
これ気に入りました。
そうそう、小さいときには私もこんな力ありましたよ。
実世界を絵本の世界に変えちゃう力(これを大人は妄想といって片付けてしまう)っていうか、実生活のなかに冒険を探しちゃう気持ち。
けど見つからなかったり物足りなかったりするとまた本に戻ってくるんです。
なんか分かるなあ。懐かしい気持ちが胸に甦りました。
いとうひろしさんの絵もいい♪

ルラルさんのほんだな (いとうひろしの本)
ポプラ社
いとう ひろし

ユーザレビュー:
素直に読書っていいな ...
読み聞かせのススメ出 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ルラルさんのほんだな
楽天ブックス
いとうひろしの本 著者:伊東寛出版社:ポプラ社サイズ:絵本ページ数:1冊(ペ発行年月:2005年09


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E=ジャック=キーツ  ピーターのいす  http://50595192.at.webry.info/200711/article_16.html イギリスの昔話  三びきのこぶた  htt.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-04-21 14:51
  • 伊東寛(いとうひろし)の作品

    Excerpt: 伊東寛(いとうひろし)  おさるのまいにち  http://50595192.at.webry.info/200707/article_32.html  おさるはおさる  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 22:33