この世でいちばん大事な「カネ」の話(西原理恵子/著)

読みやすく興味深く、そして面白かったです。
確かに『カネ』の話ではありますが、西原さんの自叙伝を書くにあたって一番切り込みやすい角度が『カネ』の話だったのではないかと思います。
貧乏って、ホントに人を暴力的にするって思います。
自分の子供には自分がしたような思いをさせたくない。
私もそう思うよ西原さん。
けどね、それはやっぱり稼げる大人になれたあなただから言えるって事実もあるよね。
カネがなくてもぼーりょくとびんぼーの連鎖を断ち切る方法が書いてあったらもっと救われたかも、なんて思いました。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
理論社
西原 理恵子

ユーザレビュー:
凄い本ですお金は大事 ...
所詮は、「好き」を仕 ...
自分の知らない世界が ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




この世でいちばん大事な「カネ」の話
楽天ブックス
よりみちパン!セ 著者:西原理恵子出版社:理論社サイズ:全集・双書ページ数:234p発行年月:200


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』行の作家さん

    Excerpt: 斉藤洋  たんていワンダ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_17.html  ペンギンたんけんたい  http://50595192... Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-03-18 23:26