みしのたくかにと(松岡亨子/作・大社玲子/絵)

意味不明なタイトルに惹かれて借りました。
けど、小5の息子はひと目で意味を解読(笑)
なるほど!
そして、読んでさらになるほど!
おばさんが蒔いた種から育った『みしのたくかにと』はとっても素晴らしいものでした。
机の上の勉強も大事だけど、外でお友達と学ぶのも大事。
どんなに栄養のある食べ物よりも、みんなで食べるごはんの方がおいしい。
子供が育つために大事なものを教えてくれる絵本です。

みしのたくかにと
こぐま社
松岡 享子

ユーザレビュー:
なかなか一筋縄ではい ...
変なタイトルだけど一 ...
子どもの育て方を知る ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




みしのたくかにと
楽天ブックス
著者:松岡享子/大社玲子出版社:こぐま社サイズ:絵本ページ数:57p発行年月:1998年12月『みし


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』から始まる作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マーガ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-02-17 22:20