おひめさまおまつりにいく(まだらめ三保/さく・国井節/え)

このシリーズの特徴は、タイトルと内容がイマイチかみあってないところと、ピリッと風刺が効いてるところだと思うですが、さあ、みなさんはどう、おもいます?(笑)
今回は、過保護ぼうやとその取り巻きガ出てくるのですが、やりすぎってくら過保護な家ってありますよね。
ラストのあたりの『べつのぼうやマンにとりかこまれたべつのぼうや』にはにやりと笑ってしまいました。
私はぼうやマンにはならないぞー。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マーガ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-09-19 16:25
  • まだらめ三保のさくひん

    Excerpt: まだらめ三保  おひめさまそらをとぶ  http://50595192.at.webry.info/200805/article_16.html  おひまさまがっこうへいく  http://5.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 23:36