耳の聞こえない子がわたります(マーリー・マリトン/作・日当陽子/訳・矢島眞澄/絵)

タイトルを見たとき、どんな内容なんだろう?と思いました。
まあ、ただ単に道を横断するわけではないだろうな、とは思ったのですが(笑)だからこそなおさら。
けど、最後まで読んでなるほど納得のタイトルです!

主人公はミーガンとシンディの二人ってことになるのかな?
端的に言ってしまうと「10歳の女の子の成長物語」です。
ミーガンは聴覚障害を持っているのですが、そのことを前面に押し出した作品ではありません。
ただ、他の子が当たり前に出来ることができないだけ、という感じです。
シンディにしてもそのような描かれ方です。
女の子の輪の中にすっと入って行くのが苦手だったり、みんなの前で発言をするのが苦手だったり…。

最後、耳の聞こえないミーガンのために『耳の聞こえない子がわたります』の標識が立てられるのですが、この『渡る』にはおそらく、『世の中を渡っていく』と言う意味の含まれているのでは?と思いました。
考えすぎ?

「手助けを頼んだっていいんだよ、ミーガン。その分お返しをすればいい」

とってもステキな言葉です。

ちなみに、原題は『Deaf child crossing』

耳の聞こえない子がわたります
フレーベル館
マーリー・マトリン

ユーザレビュー:
翻訳ならでは?課題図 ...
作者が!何事にも積極 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




耳の聞こえない子がわたります
楽天ブックス
著者:マーリー・マトリン/日当陽子出版社:フレーベル館サイズ:単行本ページ数:201p発行年月:20


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

ユカ
2008年08月12日 12:18
いい感想文が書けそうです。
ありがとうございます。
お茶々
2008年08月12日 18:39
>ゆかさん

小学生さんかな?
それとも小学生のママさんですか?
うちの子の学校は読書感想文が必須ではないのですが、必須な学校も少なくないみたいですね。
コンブ
2010年09月27日 18:57
この本の表紙、挿絵を描きました。題名も小生が付けたものです。貴方の仰る通り。世の中を渡っていくとのイメージで題を付けた物です。解ってくれる人が居て良かった。
ホームページもご覧になって下さい。
http://homepage2.nifty.com/yajima-ill/
矢島眞澄
お茶々
2010年09月28日 22:37
>コンブさん

コメントありがとうございます。
恐縮であり感激です!!
ホームページ拝見させて頂きますね。

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マージ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-08-09 16:47
  • 読書感想文コンクールの課題図書(小学校編)

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-08-09 16:48
  • 読書感想文コンクールの課題図書(小学校編)第48回~第55回

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-07-13 23:29