霧笛荘夜話(浅田次郎/著)

浅田氏の作品は、大まかに分けると時代小説と現代小説に分けられ、現代小説は恋愛が軸になっているものと人生が軸になっているものがあると思っている私。
氏の恋愛が主軸になったものは苦手なものが多く、人生が主軸になったものは好きなものが多いです。
これは、人生が主軸になった短編集で、全ての話が霧笛荘というところでつながっています。
ども話も、よくよく読むとちょっと浮世離れしたところがあるのですが、一番最初の部分が、幻想的と言うか浮世離れした空気を漂わせているので、現実と幻の間のような空気が始終漂っているようで違和感はありません。

気に入った文章があったので以下に抜書きします。

『あんたら、勘違いしてるね。老いさき短い人生は安いか。そんなのは保険屋のセリフだ。いいかい、少ないものほど重いのはあたりまえだろう』
『たしかに幸せは金で買えるよ。でも、金で買えないものも、この世にはたくさんあるんだ。太太(霧笛荘の管理人)は、そのことをみんなに教えてくれた。』

あなたは、ここに住みますか?



楽天ブックス
角川文庫 著者:浅田次郎出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:文庫ページ数:315p発行年月


楽天アフィリエイト by ウェブリブログ




霧笛荘夜話 (角川文庫 あ 46-1)
角川グループパブリッシング
浅田 次郎

ユーザレビュー:
浅田節、全開!浅田次 ...
叙情、幻想、そしてノ ...
やはりうまいなあ。あ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-07-02 16:50
  • 浅田次郎の作品

    Excerpt: 浅田次郎  鉄道員(ぽっぽや)  http://50595192.at.webry.info/200703/article_27.html  姫椿  http://50595192.at.we.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 22:27