こねこムーとリッピィのゆめ(江崎雪子/さく・武田美穂・え)

こねこムーシリーズの最終話です。
さびしいときに自分に優しくしてくれたくろいもくばさんにもう一度会うためにこねこムーが旅をするお話なのですが、木馬さんと再会することも旅が終わることもないままです。
2005年に作者が亡くなったためなのですが、これを未完ととらずに、ムーの中にもくばさんはいつも一緒にいるんだということを伝えたかったのだと受け取ることにしました。
実際ムーは、いつももくばさんを心の支えに旅をしてきましたから。

今回のお話、かなり考えさせられました。
自己犠牲、美しいですね。
けどここまでする必要はあるのかな…。
気持ちよく読みきることが出来なかったのはひとえに私の心の狭さなんでしょうけど、世の中にはきれいごとだけじゃ片付けられないことのほうが多すぎて、子供の読み物としてもちょっと抵抗を感じてしまいました。

シリーズ全体に対する感想としては、どれもこれもテーマがしっかり描かれていてよかったです。
子供のうちに読んで損は絶対ないと思いました。
ちなみに小学校低学年向き。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-06-01 16:52
  • 『え』から始まる作家さん

    Excerpt: エウゲーニー・M・ラチョフ  てぶくろ―ウクライナ民話  http://50595192.at.webry.info/200703/article_83.html 江國香織  号泣する準備は.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:18