山妣(やまはは)(坂東眞砂子/著)

一言で言うのなら、壮絶である。
人間の感情と言うものはなんて恐ろしいのだろうか。
それぞれが自分の事情を抱え、貫こうとするが故に起こる出来事の数々。
「山の掟なんか知るものか・・・・そんなものは通用しないのだ。もし,ここに掟のようなものがあるとすれば,自然の作った掟だけだ・・・ここは人の掟の及ばない世界なのだ」
彼女の人生を強くあらわした言葉と、それを際立たせるように登場するマタギという生き方。
その時代を生きた人たちの閉塞感を描きながらも、ドラマとしてまとめあげられたストーリーはかなり読み応えがありました。
長いけれど、長さを感じさせない作品だと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』行の作家さん

    Excerpt: バージニア・リー・バートン  いたずらきかんしゃちゅうちゅう  http://50595192.at.webry.info/200712/article_7.html バーネット  小公女 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-06-12 23:37
  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-06-12 23:39
  • マタギが出てくる小説

    Excerpt: マタギの出てくる小説を読むと、なんだかしっくり来ます。 描かれる雪の情景や狩りの緊張感、マタギの男たちの生き方など。 以下は、私が読んだマタギが出てくる小説です。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-04-24 22:01