へびのクリクター(トミー・ウンゲラー/作・中野完二/訳)

初めは「え~、ヘビがプレゼント~?」と思ったのですが、読み進めるほどにへびのクリクターがかわいく見えてきました。
ヘビってだけで嫌っちゃダメですね。
きっとクリクターはボドさんの息子さんにかわいがられて育ったから、みんなに愛されるヘビになったんでしょうね。
で、お話の筋そのものには関係ないのですが、ボドさんの息子さんは、なんでクリクターを、単純に丸い箱じゃなくてタイヤ型の箱で届けたんでしょうか(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『た』行の作家さん

    Excerpt: 大沸次郎  スイッチョねこ  http://50595192.at.webry.info/200711/article_5.html タカタケンジ  らくがきポック  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-03-04 23:12
  • 『と』から始まる作家さん

    Excerpt: どいかや  ねこのかあさんのあさごはん  http://50595192.at.webry.info/200706/article_18.html  チリとチリリ  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:28