はははのはなし(加古里子/ぶん・え)

歯の働き、歯が悪くなるとどうなるか、歯の大事さなどを、子供に分りやすく説明している本だと思います。
以前、歯科関係の仕事をしていましたが、近頃は予防歯科に力を入れる人が増え、そのおかげで虫歯人口は減っているそうです。
ですがその反面、虫歯のある子供の虫歯の本数は増えているそうです。
歯は体全体の健康の基本です。
この絵本は、親子で読むことをおすすめします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 薫くみこ  あのときすきになったよ  http://50595192.at.webry.info/200708/article_14.html 角田光代  対岸の彼女  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-18 16:12