マタギが出てくる小説

マタギの出てくる小説を読むと、なんだかしっくり来ます。
描かれる雪の情景や狩りの緊張感、マタギの男たちの生き方など。
以下は、私が読んだマタギが出てくる小説です。

相剋の森(熊谷達也)
http://50595192.at.webry.info/200703/article_113.html
邂逅の森(熊谷達也)
http://50595192.at.webry.info/200703/article_95.html
氷結の森(熊谷達也)
http://50595192.at.webry.info/200703/article_118.html
山妣(やまはは)(坂東真砂子)
http://50595192.at.webry.info/200806/article_20.html
狼奉行(高橋義夫)
http://50595192.at.webry.info/200709/article_10.html
凍(しば)れる瞳(西木正明)
http://50595192.at.webry.info/200801/article_34.html
マタギに育てられたクマ(金治直美)
http://50595192.at.webry.info/200904/article_41.html
黄色い牙(志茂田景樹)
http://50595192.at.webry.info/201001/article_16.html
じぶんの木(最上一平/作・松成真理子/絵)
http://50595192.at.webry.info/201105/article_3.html

これからも見つけたら読もうと思うのですが、マタギが出てくる小説をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
お願いします。



山背郷 (集英社文庫)
集英社
熊谷 達也

ユーザレビュー:
生きるってすごい。い ...
個人的には吉村◎、熊 ...
読み応えのある作品い ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

邂逅の森 新約マタギ伝 (1) ヤングチャンピオンコミックス
秋田書店
熊谷 達也

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

邂逅の森~新約マタギ伝 3
秋田書店
熊谷 達也

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

2008年02月05日 20:28
はじめまして、こんばんは。
熊谷達也の「森」シリーズには私もハマってしまいました。おもしろかったですねー。
さて、小説ではないのですが、野添憲治という方に、マタギを取材したルポ『マタギを生業にした人たち』がありました。聞き書きで構成されていて、読みやすかった記憶があります。
お茶々
2008年02月06日 15:19
はじめまして。
熊谷氏の「森」シリーズは、とっつきにく内容やテーマであるのにも関わらず、かなりの読ませる力がありましたよね。
以来、すっかりマタギというものに興味を抱くようになりました。
『マタギを生業にした人たち』は、是非目を通してみたいと思います。
教えてくださり、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック