勇気凛凛ルリの色〈2〉四十肩と恋愛(浅田次郎・著)

勇気凛凛の第二作目。
いやいや、一冊目よりも面白かったです。
エッセイの方向性が定まったというか、こなれたというか、読者の求めるものをがっちり掴んでるというか。
笑えるネタ数多くあり、真面目なネタあり。
今回の真面目ネタは「天切り松」シリーズに通ずるものがあるなあ、と感じました。
作家「浅田次郎」は尊敬するけれど、エッセイを書く「浅田次郎」というおっさんは大好きです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-13 22:51
  • 浅田次郎の作品

    Excerpt: 浅田次郎  鉄道員(ぽっぽや)  http://50595192.at.webry.info/200703/article_27.html  姫椿  http://50595192.at.we.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 22:27