遠い国からの殺人者(笹倉明・著)

いや~参りました。
直木賞受賞作―ただそれだけの理由で読んだのですが、目茶目茶面白かったです。
序盤は「刑事物?」と思ったのですが、途中から「法廷物」に…
けどただの法廷ものではなく、犯罪に関わる前半部分が後々になって物語に深みを与えていくという…読後に「やられた~!」といい意味で思いました。
そしてさらに、ただ一つの事件が進んでいくのではなく、序盤に書かれているもう一つ事件が弁護士の手によって本筋の事件にみごとに絡んで行く様もお見事!
加えて、タイトルにある『遠い国からの殺人者』と彼女を取り巻く環境や人々がとても丁寧に描かれていて、人間臭くリアリティがありました。
ラストの、赤間弁護士の心のつぶやきがずっしりと心に響きましたが、響かせるだけの物語が詰まっているところもすごいと思いました。
この感動はしばらく胸に残るな。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-11-28 23:43
  • 『さ』行の作家さん

    Excerpt: 鷺沢萠  ビューティフル・ネーム  http://50595192.at.webry.info/200708/article_11.html  君はこの国を好きか  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-18 15:57
  • 遠い国からの殺人者

    Excerpt:  フィリピンが舞台というより、日本で殺人を犯してしまったフィリピーナが主役の裁判小説。 『遠い国からの殺人者』(著:笹倉明/文春文庫/1992年) ※単行本は1989年、第101回 直木賞受賞作。 .. Weblog: フィリピン化 racked: 2008-09-03 21:30
  • 遠い国からの殺人者

    Excerpt:  フィリピンが舞台というより、日本で殺人を犯してしまったフィリピーナが主役の裁判小説。 『遠い国からの殺人者』(著:笹倉明/文春文庫/1992年) ※単行本は1989年、第101回 直木賞受賞作。 .. Weblog: フィリピン化 racked: 2008-09-03 21:36